FC2カウンター

プロフィール

月刊『創』編集部

Author:月刊『創』編集部
月刊『創』は、メディア批評の総合誌です。創出版HP↓
http://www.tsukuru.co.jp/

tsukuru_shuppanをフォローしましょう

リンク

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月12日、上映予定の横浜映画館前で抗議団と鈴木邦男さんが激突!

yokohama
↑一人で抗議団体に立ち向かう鈴木さん(中央後姿)/手前に立っているのは長谷川支配人

6月12日午後1時過ぎ
映画館「横浜ニューテアトル」前で「主権回復を目指す会」など約30人の右派グループが横断幕や日の丸を掲げ、街宣を行いました。
東京の2館が上映中止を決めて首都圏での上映予定はこの横浜だけになったため、ここが攻防戦の最前線になったのです。

この映画館は2年前、映画「靖国」の上映中止事件の時も右翼の街宣を30回も受けて陥落、中止に至ったところ。支配人の長谷川さんはそれを後悔し、今回は絶対に上映をやめないと言明しています。
「ザ・コーヴ」上映予定といっても何週間も先の話で、この日は全く関係ない映画が上映中。午前の回を見終わって出てきたお客さんたちは、出入り口の光景を見てびっくりしたようです。危険も予想されるため、入り口はシャッターが降ろされ、午後の回のお客が入る都度シャッターがあげられるというとんでもない状況で、これは明らかに営業妨害です。

右派団体が演説を始めてすぐに、鈴木邦男さんがそのグループに向かっていったのですが、取材に来ていたマスコミを含めてそこに大勢が殺到し、もみあい状態に。警官隊の指揮者が指示を出して、待機していた部隊もそこに突進し、一瞬騒然となりました。
鈴木さんは「君たちのやっているのは、ただの弱い者いじめの営業妨害じゃないか」などと叫んだのですが、何せ相手は大音量のスピーカーを使っており、「鈴木邦男帰れー」などと大声で叫ぶために、議論にならず。鈴木さんは「堂々と出てきて、ここで1対1で論争しようじゃないか」とも呼びかけましたが、右派団体は聞く耳を貸さず大音量でシュプレヒコール。興奮して「鈴木邦男は朝鮮に帰れー」とか、わけのわからないことを叫ぶ人もいました。鈴木さんも右翼、相手も右翼で、この衝突、周囲の人には事情がわからなかったと思います。

鈴木さんは警察の制止もあって、一時、車道の反対側に引き上げましたが、街宣行動の間に何度もその隊列に向かっていき、そのつど警官隊が割って入る緊迫した状況となりました。映画館の前の車道をはさんで片側が日の丸を掲げた右派団体、映画館側の歩道には、マスコミや映画関係者、市民などがやはり30人くらい群がり、まさに対峙状態。その映画館側の真ん中に毅然として立っていたのが長谷川支配人でした。こちら側にもマイクがあれば車道をはさんで議論ができたのですが、何せ大音量のマイクが右派団体側だけにあるという状態で、彼らは一方的に自分たちの主張を演説するばかり。

ただ、市民の中には、無言で「恥ずべきは上映妨害」などと書いたボードを掲げている人がおり、これがなかなか効果をあげていました。後で聞くと、その男性の掲げたボードを隣の女性が一緒に支えてくれたとのこと。こういう市民の無言の抗議がもっと目に見える形で広がっていくことが、この騒動の根本的解決の道です。もともと抗議している右派団体だって街宣の動員が30人、電話で映画館に抗議しているのも恐らく10人くらいで、同じ人が1日に何回もかけているのです。わずか30人くらいの抗議で次々と上映が中止になっていくのは、めんどうなことを避けたいという空気がこの日本を支配しているからで、最初に中止を決めた映画館は、街宣を受けたからでなく、その街宣予告におびえて上映をやめてしまったわけです。もっとも、この中止を決めた映画館には、その後、「なぜ中止したのか」と抗議する電話がたくさんかかっているようですが。

この12日の街宣の模様は、16日のTBS「ニュース23X」が報道していましたが、この間の経緯を大変わかりやすくまとめていました。上映中止をめぐる報道は、朝日新聞とNHKがリードしていましたが、このTBSの取り組みもなかなかのものでした。ちなみに朝日新聞は14日の社説でもこの問題を取り上げていましたが、これも非常にポイントをよくついた社説でした。右派団体側はこれに抗議するとして16日に朝日新聞本社前で街宣を敢行。この日は代々木で行われた映画の主役リック・オバリーの講演会にも街宣がかけられたし、右派団体側も今が正念場として活発に動いています。(文責・篠田博之)

yokohama02.jpg yokohama03.jpg yokohama04.jpg
写真上 鈴木さんが論争を呼びかける
写真中 一時現場は混乱に陥った
写真下 市民がボードを掲げて上映妨害に抗議



スポンサーサイト

<< 「ザ・コーヴ」について言論人たちの見解 | ホーム | 『ザ・コーヴ』上映会+シンポジウム アンケート結果 >>


コメント

客観的意見

色々騒がれていますね!動画などを鑑賞し推進派、中止派の意見を良く観察してみました。初めに先日行われたシンポジュウムは正直関心致しませんね!ch桜の批評家の方が一人批判的に質問していましたが、手短な回答で済ませてしまいましたね。崔監督一人が独裁的に発言しており、威圧的に自己主張し会見を言いくるめるような印象で終わった感が残念です。鈴木氏、田原氏は新展開で、意見の反する主張者の話し合いのできる場所を設け、賛否を取るのが公平的に解決するとも述べていましたね!残念ながら大手のメディアは上映推進派が多くいると感じられます、国際問題へと発展を恐れ発言を推進派へ加担するようではシンポジュームも意味が無く、先日のシンポジュームもch桜の一人をパール判事とするならその意見を強行に退けて決議した東京裁判の再来みたいにも感じ取れます。今回の問題の一番の暫定被害者は太地町の漁民ではないでしょうか?国が漁民の生活を保障するのであれば上映を反対する声も少ないかと思います。メディア界は大衆が着目する話題さえあれば商売が成立するかも知れませんが、強引に猟奇的漁民と位置付けられ、さらし者になった漁民の立場はどう処理されるのでしょうか?個人的にはイルカ漁には賛同できません、しかしイルカの生態又、イルカの生存数も曖昧で詳しい調査機関が無いのも現状かと思います。大声で反対する右寄りの方達も問題です、しかし発言の場も与えず左寄りの賛同者が一方的な主観でメディアを通じ印象操作をするのは更に悪質な振る舞いかと考えます、私は海育ちの人間です網にイルカが掛かれば夕飯のおかずの一品になるのはごく当たり前の行為と考えます、都会の生活に慣れた現代人の意見がマジョリティーと処理される現実に少し寂しささえ感じます。

ch桜の一人って、前田有一とか言う人ですね。
彼の意見は前提となる「事実」が間違っていますよ。間違った前提であれこれいって、その前提への疑問を感じさせない喋り方は、いつものチャンネル桜での司会振りと同じですね。チャンネル桜を名乗らないことも含めてね(笑)。そんな前田さんと一緒くたにされては、パール判事はさぞやお気の毒でしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。