FC2カウンター

プロフィール

月刊『創』編集部

Author:月刊『創』編集部
月刊『創』は、メディア批評の総合誌です。創出版HP↓
http://www.tsukuru.co.jp/

tsukuru_shuppanをフォローしましょう

リンク

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈7・3封切り〉映画館前の乱戦で鈴木邦男さん顔面殴打出血!

7月3日、上映中止騒動に揺れた映画「ザ・コーヴ」が全国公開となりました。

今後、上映館はどんどん拡大していきます。
京都・大阪などは混乱もなかったのですが、騒然となったのが渋谷と横浜でした。

この間、度重なる街宣攻撃にさらされた横浜ニューテアトルには、午後の部に右翼団体が現われ、警察部隊と対峙。
「俺たちにも映画を見せろ」などと叫びながら右翼側は場内に入ろうとしましたが、警察が阻止。
一時は怒声が飛び交う緊迫した事態となりました。

一方「主権回復を目指す会」が街宣にやってきたのは渋谷のシアター・イメージフォーラム
正午から街宣を行いましたが、それに抗議する市民や大勢訪れた報道陣、それに警備の警察などが入り乱れて緊迫が続きました。

0703イメージフォーラム前02

0703イメージフォーラム前01

一時騒然となったのは、鈴木邦男さんが彼らに論戦を挑むために近づいた時で、狭い現場は大混乱。

その渦中に、「主権回復~」のメンバーにマイクで顔面を殴打された鈴木さんが出血。
警備にあたっていた警察が犯人を逮捕するかと思いきや、双方を引き離しただけで、鈴木さんが出血しているのを見てティッシュを渡したとか。おいおい、おまわりさん、そうじゃないでしょ(笑)。

0703イメージフォーラム前03

「妨害はNG」と書いた傘をかかげて右派団体に抗議する市民も。


夜は新宿のロフトプラスワンで、右翼をまじえて討論会が行われました。
壇上に登場したのは統一戦線義勇軍の議長らですが、会場には「主権回復を目指す会」のメンバーも訪れ、壇上・会場をまじえて激しい応酬。
和歌山県現地からジャーナリストの吉岡逸夫さんもネット回線をつないで討論に参加するなど、熱い議論が交わされました。

壇上の右翼メンバーも、映画「ザ・コーヴ」上映には反対ですが、映画館支配人の自宅へ行って家族を威嚇するという「主権回復を目指す会」の行動には批判的。
そうした行動の是非をめぐって最後は激しい論戦となり、怒号と罵声が飛び交う、久々にロフトプラスワンらしい雰囲気となりました。
動画がこちらにアップされていますので、関心ある方はぜひご覧ください。

昼間の映画館前での乱戦に始まって、夜遅くまで緊迫の論戦と、本当に関係者にとっては長く熱い1日でした。

ちなみに映画はどの映画館も大きな反響で満席。
これからは、映画を見た人による議論がなされるものと思います。


なお月刊『創』は明後日7日発売の8月号で「『ザ・コーヴ』上映中止騒動」と題して大特集を組んでいます。
この間、新聞・テレビの報道は事態のごく一部を紹介しただけですから、詳しい経緯はぜひこの『創』8月号をご覧下さい。
(→こちら

また、明日6日19時半~、NHKのクローズアップ現代で、《映画「ザ・コーヴ」問われる“表現”》と題した番組が放送されます。
詳しくはこちら


スポンサーサイト

<< 「創」8月号発売! | ホーム | 7月3日、上映&公開討論会開催! >>


コメント

7月3日、私の現場報告

>「妨害はNG」と書いた傘をかかげて右派団体に抗議する市民も。
これは私のことです。

わたしが何故西村修平らの一群に混ざってしまったのか、篠田さんは現場におられてご承知だったと思いましたが、そうでもなさそうなので一言申します。また現場の状況が12:00から始まったのでは、ただ騒ぎを伝えるだけの興味本位で、報告としてはいかがかと存じます。

7月3日朝、私は10時10分前に渋谷イメージフォーラム前につきました。整理券をもらうためです。整理券発行時間の10時半には60人近くの行列になったのですが、その待ち時間を利用して持っていた傘に「上映妨害はNG」と記しました。私は3時の回の整理券を貰ったのですが、しばらく附近を散策などして時間を潰しました。警察の警備バス2台等が近くに付いたのは11時頃でしょうか。

そのころ既に上映館前には多くのマスコミが詰め掛けていましたが、偵察がおいた三角ポストなどの位置を見ると、「100メートル以内の大声街宣禁止」の仮処分は無視するような配置でした。

そこで私は「仮処分を守れ」という意志を示す為に、映画館対面の空き地(駐車場)、すなわち西村らが裁判所決定違反を行なうであろう場所に居座ることにきめたのです。すると11時24分、西村修平の街宣者が警察から何の規制も受けずにスルスルと侵入し、映画館から4メートルしか離れていないところに横付けしたのです。

私が「上映妨害はNG」という傘を広げたのはその時です。字句は「仮処分決定を守れ」とした方がよかったのかなあ、と今でも悩んでいます。

西村修平は「あの野郎をどかせ」とか街宣車から喚いていましたが、連中が空き地側に横断幕を広げたのは12時5分前ぐらいです。制服の警官隊50名が配置についたのは、連中が横断幕を広げたあとですから、警察は連中に好きにやらせる方針だったようです。

そのとき篠田さんは「あっちへ移りましょう」と声を掛けてくださいましたが、私は「仮処分違反者の為に私が退く必要はありません」と依怙地に申しました。私の傍に貼り付いた私服の刑事さん2人にも同様のことを申しましたので、刑事さんは私を排除するのではなく連中からの手出しから私を守る以外のことはできませんでした。「仮処分決定」はそんな僅かな空間でのみかすかに効力を発揮したのですが、全体状況としては全く反故になったといってもいいでしょう。

そんなわけですから、後から来て事情を知らない人は、私が「西村修平の列に紛れ込んだヘンなおやじが傘を広げている」と誤解をしているかもしれません。11時半までに現場に来ていた記者さんたちは分かっていたようですが。

連中の傍にいながら連中が手出しできない奇妙な平衡状態。私はそのまま街宣終了まで「仮処分決定違反」に抗議するつもりでした。連中の常連であるK男とM女が私を挟むようにして、私の両耳に向って鼓膜を破かんばかりの音声を張り上げたり、私をガードしている私服の警官を挑発しましたが手足の接触はなく、私と2名の私服警官はびくともしませんでした。

平衡状態がぐずれたのは一瞬です。Sさんが映画館側から近づいた時、私服のひとりが私から離れ、その瞬間に連中は私を囲みました。やがて制服警官が私を囲み、隊長が私に向って「挑発をやめなさい」と叫び、私をそこから排除し、私を映画館にも近づけまいとしました。私はしかたなく街路を1週して映画館まえに向いましたが、制服警官はまとわり付いて「もう帰りなさい」を連呼しました。

その一部始終から、渋谷警察署は「東京地裁仮処分決定」の実効性を進んで反故にしようと謀った、ということが明確に理解できました。もしそうした警察の謀を上映館側が事前に諒としていたなら、これはゆゆしきことです。

あれだけの報道陣の前で「東京地裁仮処分決定」が無効であることを既成事実化してしまったのですから。7月3日は、「ザ・コーヴ」を超えて法治社会日本の恥ずべき日でありました。脅迫街宣に立ち向かう一手段を、広くマスコミの前で放棄してしまったのですから。

「仮処分決定って効果ないんだなあ」と妙に納得する前に、識者は、渋谷警察署には抗議の声をあげるべきだと思います。襲撃街宣右翼にまた1つのフリーパスを与えたことは、「ザ・コーブ」問題を超えて、あらゆる問題事において、「デモや集会もいいが右翼がきたらメンドイなあ」、ものがいいにくくなる病理が深く進行するでしょう。

訂正です

×偵察がおいた三角ポスト
○警察がおいた三角ポスト
×私が「西村修平の列に紛れ込んだヘンなおやじが傘を広げている」と誤解をしているかもしれません。
○私を、「西村修平の列に紛れ込んだヘンなおやじが傘を広げている」と誤解をしているかもしれません。

私のブログではもう少し詳しく書きます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まったく懲りない

靖国のときと同じで、西村何某の団体は、相手の宣伝になっていることに気づかず騒いでいるのか、裏で金もらっているのか知らないが、いいように利用されている。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。