FC2カウンター

プロフィール

月刊『創』編集部

Author:月刊『創』編集部
月刊『創』は、メディア批評の総合誌です。創出版HP↓
http://www.tsukuru.co.jp/

tsukuru_shuppanをフォローしましょう

リンク

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月21日、弁護士会館でシンポジウム開催

tuika-minisize.jpg

6月21日、午後5時半から7時半まで、弁護士会館で「ザ・コーヴ」をめぐるシンポジウムが開かれました。
主催は東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会。日弁連会長談話も発表されたし、これは弁護士会が全体でこの問題に取り組んだということを意味します。
最初に配給会社から、7月3日からの上映を予定している劇場が発表されました(こちら)。

2館の上映中止で全滅した東京で、新たにイメージフォーラムが名乗り出て、再び全国公開の体制ができたことがポイントです。
続いて、地方から会場に駆けつけた大阪、京都、名古屋、仙台などの上映予定館の支配人が現状説明。こんなふうに映画館が直接マスコミに出て発言するというのは、映画「靖国」の時にはないことでした。

ただ残念なのは、今攻防戦の焦点になっている横浜ニューテアトルの長谷川支配人が来れなかったこと。
実はこの日、同館には新たな右翼団体の街宣車が街宣抗議を行っていました。これまでの「主権回復を目指す会」でなく、既存の街宣右翼です。今回の騒動で初めて既存の右翼団体が街宣に乗り出したわけで、これは新たな局面といえます。
前半は映画館の話を中心に展開し、その後「ニコニコ動画」の生放送に出演するために退場した鈴木邦男さんに代わって、後半、田原総一朗、崔洋一という論客が登場。「その前に、上映の情報に関して質問があれば」と会場に質問をふったところ、最初に勢いよく手をあげた最前列の男性。「映画評論家の前田です」と名乗って、演説をぶったのが、「ザ・コーヴ」とシーシェパードの関係。収入が同会に流れているとか、右派団体がこの間主張していることを、客観的事実であるかに話すので、「それは配給会社が違うと言ってるのだから事実を確認してからにしては?」と司会の篠田から注意。でも、後でこの映画評論家の人に話しかけたら、出した名刺が何と「チャンネル桜」。うーん、チャンネル桜だとわかったら、皆がそういう立場からの質問だとわかって聞けたのに、それって名乗ったことになってないのでは?
 
でも、この人を指したのは、前半の司会を務めた日隅弁護士なのですが、日隅さんは映画「靖国」の制作側の弁護人で、チャンネル桜は最も激しくこの映画を攻めたところだから、両者は敵味方。それをそうと知らずに真っ先に指名しちゃったというのが、考えてみれば可笑しい。ああ、あれはチャンネル桜だよ、と気づいていたのは崔さんだけなのでした。

後半は、ほとんど田原さんと崔さんのかけあいでしたが、これが面白い!
集まったマスコミ関係者にだけ聞かせるのではもったいないやりとりだったので、22日夜から「ザ・ジャーナル」などのサイトで録画放映することにしました。でも、後で聞いたら、現場でニコニコ動画がネット中継していたとか。生中継は構わないけど、一言、言っておいてほしい。このシンポは、NHK、TBS、テレビ朝日など地上波から海外メディアまで様々なところが取材していたのですが、そのなかでネット系メディアも来るのが今や当たり前の光景となりました。

なお、このシンポの場で、映画演劇労働組合連合会がその日発表した声明を読み上げ、横浜地元メディアが「『ザ・コーヴ』上映を支持する会・横浜」を発足させたことを発表しました。
『創』が呼びかけた緊急アピールの賛同者も、今度「『ザ・コーヴ』上映を支持する会」と名乗ることにしました。上映予定の各地にこの会を立ち上げ、地元の市民や文化人が映画館を支えるという体制を作っていけたら、と思います。「支持する会・横浜」は、今後賛同者を募り、7月3日までに正式に発表したいとのことです。

シンポの中で田原さんから「上映妨害をしている人たちも呼んでぜひ討論会をすべきだ。それをやるなら僕も出席する」という発言が何度もありました。7月3日の公開日の夜に、新宿ロフトプラスワンで上映とトークを予定しており、そこをそういう場にするという案も浮上していますが、これはなかなか簡単なことでないので、検討のうえ改めて告知します(上映とトーク自体行うことは既に決定/詳細はロフトプラスワンHPで)。

終了後、飲み屋で崔監督や石坂啓さんらと痛飲。
崔監督は「僕はこういう集会はほとんど出ないことにしているんだけど、映画の上映中止だけは許せないから出てきた」と言っていました。


21niti


スポンサーサイト

<< 新聞が次々と社説で論評。大きな社会問題に。 | ホーム | おすすめ記事・番組 >>


コメント

かつて自主上映の妨害を受けました

私は、札幌に住んでいますが、「南京1937」と言う映画の自主上映に関わったことがあります。
たった1日、2回きりの映画の上映に、多くの右翼団体から毎日「上映を中止せよ」「川崎の上映会同じこと(スクリーンをカッターで切り裂く)になってもいいのか?」という電話が実行委員会、会場となった、かでる2・7に毎日のように掛かって来ましたし、当日も3台の街宣車が会場に押し寄せてきました。
 ですから、配給会社の皆さんのご苦労は本当によく分かりますし、私にとっては「他人事」ではありません。
ザ・コーヴの上映を何としても守り抜きたい!
前売り券の普及や、ポスターの貼り出し依頼の訪問なんかも大いにやりたいと思っています。
早速明日、札幌の上映予定館、シアターキノへ出向いて「自分にも何かさせてほしい」とお願いに行くつもりです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。