FC2カウンター

プロフィール

月刊『創』編集部

Author:月刊『創』編集部
月刊『創』は、メディア批評の総合誌です。創出版HP↓
http://www.tsukuru.co.jp/

tsukuru_shuppanをフォローしましょう

リンク

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈7・3封切り〉映画館前の乱戦で鈴木邦男さん顔面殴打出血!

7月3日、上映中止騒動に揺れた映画「ザ・コーヴ」が全国公開となりました。

今後、上映館はどんどん拡大していきます。
京都・大阪などは混乱もなかったのですが、騒然となったのが渋谷と横浜でした。

この間、度重なる街宣攻撃にさらされた横浜ニューテアトルには、午後の部に右翼団体が現われ、警察部隊と対峙。
「俺たちにも映画を見せろ」などと叫びながら右翼側は場内に入ろうとしましたが、警察が阻止。
一時は怒声が飛び交う緊迫した事態となりました。

一方「主権回復を目指す会」が街宣にやってきたのは渋谷のシアター・イメージフォーラム
正午から街宣を行いましたが、それに抗議する市民や大勢訪れた報道陣、それに警備の警察などが入り乱れて緊迫が続きました。

0703イメージフォーラム前02

0703イメージフォーラム前01

一時騒然となったのは、鈴木邦男さんが彼らに論戦を挑むために近づいた時で、狭い現場は大混乱。

その渦中に、「主権回復~」のメンバーにマイクで顔面を殴打された鈴木さんが出血。
警備にあたっていた警察が犯人を逮捕するかと思いきや、双方を引き離しただけで、鈴木さんが出血しているのを見てティッシュを渡したとか。おいおい、おまわりさん、そうじゃないでしょ(笑)。

0703イメージフォーラム前03

「妨害はNG」と書いた傘をかかげて右派団体に抗議する市民も。


夜は新宿のロフトプラスワンで、右翼をまじえて討論会が行われました。
壇上に登場したのは統一戦線義勇軍の議長らですが、会場には「主権回復を目指す会」のメンバーも訪れ、壇上・会場をまじえて激しい応酬。
和歌山県現地からジャーナリストの吉岡逸夫さんもネット回線をつないで討論に参加するなど、熱い議論が交わされました。

壇上の右翼メンバーも、映画「ザ・コーヴ」上映には反対ですが、映画館支配人の自宅へ行って家族を威嚇するという「主権回復を目指す会」の行動には批判的。
そうした行動の是非をめぐって最後は激しい論戦となり、怒号と罵声が飛び交う、久々にロフトプラスワンらしい雰囲気となりました。
動画がこちらにアップされていますので、関心ある方はぜひご覧ください。

昼間の映画館前での乱戦に始まって、夜遅くまで緊迫の論戦と、本当に関係者にとっては長く熱い1日でした。

ちなみに映画はどの映画館も大きな反響で満席。
これからは、映画を見た人による議論がなされるものと思います。


なお月刊『創』は明後日7日発売の8月号で「『ザ・コーヴ』上映中止騒動」と題して大特集を組んでいます。
この間、新聞・テレビの報道は事態のごく一部を紹介しただけですから、詳しい経緯はぜひこの『創』8月号をご覧下さい。
(→こちら

また、明日6日19時半~、NHKのクローズアップ現代で、《映画「ザ・コーヴ」問われる“表現”》と題した番組が放送されます。
詳しくはこちら


スポンサーサイト

7月3日「ザ・コーヴ」一斉公開を前に激しい動き

 映画は7月3日から東京・横浜・大阪・京都など各地で上映が始まるが、それぞれの劇場周辺では緊迫の空気が強まっている。
6月24日までに映画館への街宣抗議に対して裁判所が禁止命令の仮処分が出されたことが25日に一斉に報道されたが、これに挑戦するかのように26日、「主権回復を目指す会」が横浜ニューテアトルの長谷川支配人の自宅に朝、街宣抗議を行った。その後、劇場にも訪れたが、警察が駆け付けるや去っていったという。この支配人自宅への街宣については、いくら何でもひどいという声が広がっているのだが、意に介さないのか本日30日も朝8時に支配人自宅へ街宣抗議が行われた。3日の全国上映を前に、攻撃する側もほとんど何でもありの状況になっている。
また6月27日には、予告のあった在特会の街宣が京都シネマに対して行われた。このところ警察も警備を強めているようで、この日は25~26人の抗議部隊に対して警察は40人も出動した。7月3日は各劇場とも厳戒態勢の中での上映ということになりそうだ。

右翼街宣車も登場、激しい攻防戦

*お知らせ*
6月21日に弁護士会館で行われたシンポジウムの動画がアップされました。(→こちら
=========================================



「ザ・コーヴ」の上映予定映画館が21日に発表されたところ、全国的に激励の電話がかかり、映画館も意を強くしています。
ただ、それとともに右翼からの攻撃も拡大しています。大きな社会問題になったために、新たに名乗りをあげる既存右翼団体が出てきたわけです。

横浜ニューテアトルには、21日に続いて22・23日と街宣車が押し掛けました。
特に最終日の23日は街宣車も4台に増え、3時間以上にわたって街宣が行われました。
「主権回復を目指す会」とは明らかに違う、いわゆる街宣右翼団体です。

またフォーラム仙台にも街宣車が訪れるとともに、大日本独立抜刀隊という団体が戦闘服で抗議に来ました。

こんなふうに既存右翼も動き出したのは、この騒動が大きくなって次のステップに移ったためでしょう。局面が少し変わったといえるかもしれません。

「主権回復を目指す会」は、23日は、グーグルに続いて、イメージフォーラムで街宣を行いました。
せっかく東京の映画館を潰したのに、また新たに手を上げた映画館があるということで、真っ先に潰そうとしたのでしょう。

こうした動きに対して、配給会社や映画館側は、仮処分など法的措置を次々と打っていく予定です。いよいよ攻防戦は正念場に入ったといえましょう。

上映を守るには、世論がどこまで動くかにかかっています。

横浜ニューテアトルのある横浜では、「ザ・コーヴ」上映を支持する会・横浜が立ち上がり、署名運動を始めています。とくに横浜地元の市民の人たちは、ぜひ協力してください。
(署名のフォーマットはこちらにあります。)

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。